任意売却の際に

ソファと窓とリビング

任意売却の手続きには、およそ1ヶ月〜3ヶ月かかります。そのため、相談が遅れると時間切れになって競売が始まってしまうので注意が必要です。住宅ローンを滞納して、早ければ3ヶ月ほどで期限の利益を喪失し、保証会社が一括で住宅ローンを代位弁済します。そうして交渉相手が保証会社に移ったら、保証会社は競売を申し込みます。その後3ヶ月〜6ヶ月ほどで競売入札が開始されます。そうなると、任意売却での解決が難しくなります。任意売却の専門家への相談は早ければ早いほどよく、早いほどできることが増えます。そのため、住宅ローンの支払いに困ったら、できるだけ早く相談するべきです。弁護士や不動産会社に相談することもできますが、彼らは法律や不動産の専門家ではありますが、任意売却の専門家ではないので、やはり任意売却の専門家に相談することをお勧めします。

競売と比べると、任意売却ははるかにメリットがあります。最大のメリットは、競売では物件がかなり安い価格(市場価格の7、8割くらい)で売られてしまうのに対して、任意売却ではほぼ市場価格で売れることです。不動産は高額なので、数百万円の差がつきます。その他のメリットとして、近所に知られることなく売却ができることや、交渉によって引っ越し費用が捻出できる場合があることなどです。家族間売買、親族間売買や、理解のある投資家に買い取ってもらうことで、そのままその家に住み続けられる場合もあります。 デメリットとしては、債権者の同意がなければ行なえないことがありますが、任意売却は債権者にとってもメリットのある制度なので、ほとんどの場合同意が得られます。また、競売は裁判所がすべてやってくれるのに対し、任意売却は手続きが複雑だという問題がありますが、専門家に依頼することでこの問題は解決します。