低価格の注文住宅

青い壁の部屋

注文住宅は現在、ローコスト住宅が人気を集めています。これまで多くの建て売り分譲住宅を手掛けてきた大手のハウスメーカーが、その豊富なノウハウを活かす形で提供するものです。ただし注文住宅と言っても、完全なオーダーメイドではない点が注意が必要です。 間取りなどの設計は幾つかのパターンに分けられていることが多く、狭小地のような特殊な条件では建設が難しい場合があります。また、使用する建材なども規格化されたものが多く、さらに外観もシンプルな形となるものが多いものです。そのような制限がある中で、いかに理想とする住まいに近づけるかといった工夫が必要となってきます。とはいえ、これまでの建て売り住宅ではなかなか住みやすい家が見つからなかった人にとっては、非常に便利なものとなります。

注文住宅はもちろん、従来のように工務店に依頼するケースもあります。工務店は地元に蜜着した活動を行うことが多いために、その存在はなかなか分かりにくいという特徴もあります。最近ではホームページにおいて、それぞれの得意とする家造りや取り組みなどがアピールされています。 工務店の場合には、その地元地域の自然環境などにも詳しいので、それに適した設計を行えるという強みがあります。雨が多いとか雪が多いなどの気象の特徴に合わせて、その中で長く住めるような家の設計を心得ているということです。これは全国展開しているハウスメーカーではなかなか対応できないものとなります。また、建設を行う施工業者もその土地の特性を把握しているので、注文住宅においても短い工期での作業も可能となるわけです。